• おすすめ

  • プロフィール

    いちわり

    Author:いちわり
    幼いころから田舎暮らしに憧れてました。お宿でお手伝いしながら田舎ぐらしを体験させてもらって、たくさんのことを学びながらの日常を日記にしていきます★

  • アクセスカウンター

  • フリーエリア

  • 楽天


2017/10/10(Tue)

布団はほさない

私が育った環境で

ベット&乾燥機という便利なものがあるので

布団を干すという環境がなかったように思う。

なのでくうねるでは布団を干しまくりですが

私の布団は干されないまま放置されている。

のりさんは天日が好きなのでちょくちょく干している。

私の布団ものりさんが干してくれていた時期もあったのですが、

お昼はがっつり昼寝をするので、逆に気を使って

私の布団は放置されることとなった。

くうねるでは、ベットでもないし、乾燥機も冬以外あまり使わない。


なので最近、やはりこまめに干さないとやばいかな、、、と思っている。

しかし、干す習慣がないので、なかなか干す波に乗れないでいる、、、

のりさんは常に寝心地のいい布団を探しては、

自分で使ってみて、寝具の研究に熱心だ。

私は、ゲストハウス時代に使っていて今は使われていない

薄い綿布団を1枚地べたにおいて使っている。

私にとってはこれがベストです。

板に薄い綿布団。マットレスは苦手だ。私は固いせんべい布団が大好きで寝心地が最高なのです。

しかし、、、めくったらカビだらけかもしれない。

私の布団は放置されていて、おりまげるという習慣も実はないので

怖くて布団をおりまげられない。

へたしたら何か月の敷きっぱなしなのです。

今年のいつか忘れましたが、

「かおりちゃんの布団、えらいことになってたよ。よくあれで寝れてるよね。

布団捨てたよ。新しいのに変えておいたよ」

と言われた。

のりさんサンキューです。

ですが、そのあとからもうだいぶたっているので、、、

怖くてめくれない。

布団を干せないでいるのも、

実は布団の裏を見たくないという深層心理も働いている。

また、のりさんが同じ行動に出るのを

実は待っているのかもしれない。

実家にいるときは、布団がカビだらけになるなんてことなかったから

きっと母がメンテナンスをしてくれていたのかもしれません。

のりさんのご家族がこれを読んだらびっくりされるかもしれません。

申し訳ございません。


にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへにほんブログ村
ブログのご訪問ありがとうございます。
Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top