• おすすめ

  • プロフィール

    いちわり

    Author:いちわり
    幼いころから田舎暮らしに憧れてました。お宿でお手伝いしながら田舎ぐらしを体験させてもらって、たくさんのことを学びながらの日常を日記にしていきます★

  • アクセスカウンター

  • フリーエリア

  • 楽天


2017/04/30(Sun)

問題じゃないのに、問題にとらえて、もったいないことにエネルギーつかってない?

「人格は子供のときに形成される」

↑という記事を読んで、なるほど。

と思いました。

これは父親に対して、例をあげてますが、

問題じゃないのに、問題として掘り起こされて、逆に足ひっぱられるパターン。

ようするに、悩みほうにエネルギーを使いたい、

Want

です。

その悩み、あなたが実はWantしてる。

自分の楽しいこと、好きなことして、お金もじゃんじゃん入ってきて、

人からも慕われていて、みんなの憧れの人が

恵まれまくった家庭環境に育ってるとは限らない。

「自分の楽しいこと、好きなことして、お金もじゃんじゃん入ってきて、

人からも慕われていて、みんなの憧れの人」

にエネルギーを使うように動いてる。

ただそれだけ。


私もそっちにエネルギー使うように重点置きたい。


10年ほど前に

仕事の愚痴をこぼしてたら、お友達から

「ほんと、しんどいことに身を置くの好きやな。Mやもんな!」と爆笑されたのですが、

その時、一瞬反抗する心が芽生えて、

「え!好きで身をおいてるわけないし!」

と言ってしまったのですが、

帰宅後、、、、ほんまや!!

私、自らWantしてた、、、と認めたら、行動変わって、

そっから愚痴がなくなったwwww

そんなことがあったから、

そのあと別の人に

「病弱だったから、小学生の時いじめられた」

と言われたから、私は

「じゃあ、病弱の人はすべていじめられるんですか??」

え?

「だから、10人が病弱やったら10人ともいじめられるんですか??って聞いてんの」

どういう意味?

「だから、10人病弱だったら、10人が全員いじめれるわけじゃないってこと。

いじめられた原因は病弱じゃなくて、あなたの反応がおもしろかったから。小学生の世界ってそんなもん。

反応おもろかったらターゲットにされるよ」



病弱でいじめられたと感じていた後、結局、みんなの前で椅子を投げてキレたら、いじめられなくなったそうです。

(小学生のとき私も似たようなキレかたして、相手威嚇したことあり。)


自分で望んでない現実が目の前に起こったら、

私は望んでないときっぱり認めて、

どこにエネルギー使うか決めることが

とってもシンプルかなっと思った。

親と仲わるくても、人生楽しく生きてる人たくさんいるよ。

また、親と仲わるくて、苦しんで人生に行き詰ってる人もたくさんいる。

さあさあ、どっち選ぶん。

どっちも自分が学びたいことで必要なことだから、

結局はどっちでもええのですけど。

やっぱり苦しみしっちゃったら、

もう楽しむほうしか選択したくないわ~~

って私は人間として思うんですけど。

にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへにほんブログ村
ブログのご訪問ありがとうございます。
Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top