• おすすめ

  • プロフィール

    いちわり

    Author:いちわり
    幼いころから田舎暮らしに憧れてました。お宿でお手伝いしながら田舎ぐらしを体験させてもらって、たくさんのことを学びながらの日常を日記にしていきます★

  • アクセスカウンター

  • フリーエリア

  • 楽天


2017/04/27(Thu)

柳楽優弥

俳優、柳楽優弥がすごい。

2年ほど前、久しぶりにテレビで見たとき

ポンコツ風の刑事役で、それが見事な演技でびっくりしてから見直しました。

12歳で

「誰も知らない」

でカンヌ国際映画祭 男優賞をとったときに注目されましたが、

当時その映画を見て、正直、演技がすごい印象はなく、

あの賞は今の演技まで引き上げるための

人生で自分が決めたシナリオだったのでは。

と私誰やねん的な感想、妄想、評価をここで書かせて頂きます。

あの賞がなければ、悩みまくる12年はなかった。

あの賞でもちあげられすぎて、実力がおいつかず苦しんだ。

賞で天狗になってしまった。

賞で評価ばかり一人歩きし、沢尻エリカどダブル主演するも、エリカ様の演技がすごすぎて

喰われまくってさらにドツボ。

そのあと仕事もなくなり、1日8食食べて20キロ太って別人に。

別人だから、いろんなアルバイトしても気づかれなかった。

アルバイトをしながら自分はやはり俳優をやりたいと思ったそう。(Aスタジオでしゃべってた。)

ダイエットして復帰。

今年菅田将暉と出た映画で主演男優賞をとり、スピーチで

「12年悩んだかいがありました。」

と泣いておられました。

どん底まで落ちて這い上がってきたすごみが、貫録がすごい。

どの役をやっても大絶賛。

現在24.5歳ですが、

同年代では別格と言われます。

山田孝之が

主演男優賞をとった映画を見てツイッターで大絶賛。

ツイッターより

「以前共演した作品の出来上がりを観たときに、思ってはいたのだけれど、同事務所の先輩としての小さなプライドもあり言えなかった事実が、今回『ディストラクション・ベイビーズ』での芝居を観たいまは明言できる。彼の芝居はズバ抜けていて、こんな緻密で繊細なこと俺はできてないなって思う。柳楽優弥ってマジですげーよ。」


本当に最近思うのですが、

芸人の有吉さんもそうですが、

一度どん底を見た人は

底が深ければ深いほど、そのバネ力もすごく落ちた以上あがりまくる、なにか言葉にできない

「すごみ」

を感じます。

どん底を見ると、「感謝の気持ち」もより強くなるのでしょうか。

あと、「謙虚な気持ち」もついてくるのかもしれません。

どん底まで落ちるエネルギーと上がるエネルギーは

一緒だと最近感じるようになりました。

どっちも経験するために

この地球で楽しく遊んでるのかもしれません。

どん底にいる、、、と感じてるひとは、

そのエネルギー、逆に使ってみたらすごいんジョ。

っていうことを体験できるチャンス。

みんな一人一人舞台も違うし感じ方もそれぞれ。

底におちてもいいし、落ちなくてもいいし、

どっちでもいい。

結局は後からわかること。

誰も知らないで、なぜ賞をとったのか。

それは今の柳楽君を作るうえで必要なシナリオだったんだと思う。

私も自分が描いてきたシナリオは、過去をふりかえると、全部今の為にあったんだと

確信してしまう。

なので、トラブルも発生したりしても、その時は苦しいけど

それを乗り越えることによって起こるドラマがある。

未来はわからないから、

結局はいままで作ってきた土台を大切にしながら、いままでに感謝しながら

自然に従いながら、楽しく生きることしかできないなと思う。

柳楽君を通して

そんなことを思いました。

にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへにほんブログ村
ブログのご訪問ありがとうございます。
Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top