• おすすめ

  • プロフィール

    いちわり

    Author:いちわり
    幼いころから田舎暮らしに憧れてました。お宿でお手伝いしながら田舎ぐらしを体験させてもらって、たくさんのことを学びながらの日常を日記にしていきます★

  • アクセスカウンター

  • フリーエリア

  • 楽天


2017/04/10(Mon)

友人との会話。

http://news.livedoor.com/article/detail/12906643/

上の記事について、友人とフェイスブックのやりとりがおもしろかったのでシェア。


私「中学のときやったけ??避妊具の使い方がドストレートに家庭科?の授業であったよね、、、?みんなに一つずつ配られて、、、恐ろしくて恐ろしくて、、、家帰ったら、姉と弟が風船にしてキャキャと遊んでいて恐ろしかった、、、笑。今の授業ではないのかな?」

友人「その話覚えてる笑っ
うちらは恵まれてたよまだ。
からだの仕組みに重点を置きすぎてる学校があるみたいやねん。田中先生の時も性教育はげしかったもんな。笑っ」


私「 時代なんやね、、、。田中先生のは全然おぼえてない。小学生やんな、、、笑」

友人「小学生の性教育おぼえてないんや、、。うちはよくおぼえてるわ。参観日が性教育で、親たちがきまずそうやった」

私「 wwwww。参観日が性教育って、すごいとこせめるな。笑 まったくおぼえてないわ!ww」


友人「まじか!田中先生あんなんやから、「○君の両親も夜中にやってるやろ」みたいな発言してお母さんが苦笑いしてたよ」

私「 爆笑!田中先生、めっちゃいいそう!w あの時代のあの雰囲気、実はすごい恵まれていたんやね。笑」

友人「 そーや。四中なんか、エロ丸出しでな、休み時間にエロ話するのがふつうやったもん。黒板全面しもねた」


私「黒板は知らんけど、、、たしかに、、、話の8割はエロ話やったかも、、、エロ話=爆笑、、みたいな方程式があったかも、、、w」

友人「そーそー!たのしく性教育まなべたよな笑っじぶんらでな笑っ」

私「 ほんまや!www。めっちゃ疑問ぶつけあって、聞いては爆笑しながら知らん間に学んでた、、、みたいな。今の子は違うんやな~~」

友人「今の子はな、学校とかでへたなこというとちくられて教師にくれーむいくからへたなこといわないねん。それで、こどもたちがな、エーブイとかネットみて学ぶねん。つまりあやまった情報やな。感染とかそーゆーことそっちのけで」




私たちは1981年生まれ。

時代が変われば性教育も変わるし、学校によっても先生によっても違ってきた時代。

今はどこも統一されているのかな、、、

小中学でうけた性教育も、なにが正解で不正解かわからなかったけど、

衝撃だったのは最初の文章でもあるように、中学でうけた避妊具の使い方が

私は大きな衝撃をうけました。

男女おなじ教室で、先生がコンドー〇をあけて、見本の物体にかぶせて、

「みんなこうするんよーー!」

という説明。しかもその物体が順番に回ってきて、前の席の人から受け取って、後ろにパスする、、、

という私にとっては恐ろしい衝撃な授業でした、、、笑

小中学の性教育がごっちゃになっていて、いつかわかないのですが、

男性は3日に1回精子を出さなくてはいけないというのを授業でならって、

女子の私はもちろん男子の習性を知らないので、それも大ショック!笑

お家に帰って、母に聞いた記憶が、、、

「お母さん、学校で、男性は3日に1回精子出さないといけないと聞いたんやけど、、、

ということは、、、、お父さんも3日に1回出してるってこと???」


ってwwwwwwww


お母さんは気まずそう??な感じやったんかわかりませんが、

「そうなんちゃうの」

って答えが返ってきたんで、

へえ!!!!

って衝撃うけた記憶が。。。笑


あと、上記の友人との会話で思い出したのですが、

たしかに中学生のとき、ほとんどが男女ネタ、エロネタで大爆笑していて、

高校生になったら、ちょっとレベルがあがって、よりリアルな、男性が聞いたらびっくりするような

エグい話になっていて、さらに大爆笑になったような。。。。


それが短大に入ると、、、というか、20歳すぎだすと、ベールに包まれて、

今まで8割ぐらいのエロネタが1割以下にグンと減っていき、

エロ話してアホみたいに大爆笑するのは、中高までなんやな、、、と今振り返って思いました。



にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへにほんブログ村
ブログのご訪問ありがとうございます。
Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top