• おすすめ

  • プロフィール

    いちわり

    Author:いちわり
    幼いころから田舎暮らしに憧れてました。お宿でお手伝いしながら田舎ぐらしを体験させてもらって、たくさんのことを学びながらの日常を日記にしていきます★

  • アクセスカウンター

  • フリーエリア

  • 楽天


2016/12/01(Thu)

石の上にも3年は古いん?

だいぶ前に

「石の上にも3年は古い」

という記事を読んで、

ほうほうと思ってたのですが、

物事すべて両面があるので、

古いという意見と、

大事という意見両面から検証してみようと思う。


仕事でいうと、よく求人欄に

「社会人経験3年以上の方」

と書かれているのを10代、20代前半目にした。

(今も求人に書いてる?)

社会人をトータル7年経験して、

この意味が初めて理解できたのですが、、、

やはり社会人の3年目ぐらいまでは、

とにかく怒られまくる期間だと私は位置づけています。

(もちろん個人差はあり、怒られない人もおる。私は怒られまくった。笑)

3年間怒られまくったおかげで、

4年目から、なんか仕事ができるようになってきておもろくなってきたりして、

ああ、これがみんなが言う

「仕事は4年目からおもろくなるよ。」

の世界なんや!なるへそ。と思ったわけです。

そこで、話を戻しまして、

なぜ求人欄に

「社会人経験3年以上」

と書かれているかというと、

やはり、怒る側はかなりのエネルギーと、自分の時間と、嫌われる役というのをしなければならず、

なるべくしたくないと思うのです。

社会人経験をある程度つんだ方であれば、

怒るエネルギーつかわず、

スムーズに仕事ができ即戦力になるのではないか。

と、「社会人経験3年」の意味を私は理解しました。

そして、怒られる期間というのは、若ければ若いほど得をするという現実。


怒られて、落ち込むと、倍怒られる環境だったから、

選択肢は一つ、

「改善していく」

のみとなりました。

怒られて、落ち込んだら優しくされる環境だったら、

人間だから、落ち込むほうに流されるでしょう。

怒られたら即改善。

ミスしたときほど、全力で回りにアピール。笑

怒られまくる期間というのがあったおかげで、

社会常識が身につけられたんだと、

くうねるの生活の中で、あたりまえと思ってたことが、

じつは当たり前じゃなくて、社会人生活の中で学んだからこそだと理解でき、

それからは、務めていた会社に感謝の気持ちのみとなりました。

当時は毎日愚痴のオンパレードで、愚痴いわないと生きていけなったのに、、、笑。


以上から見て、石の上にも3年も大切なことではないでしょうか。


その反対の意見。

私は幼稚園の時にピアノをならって、小学2年生まで、

合計3年ならったのですが、

母から「石の上にも3年や」

と言われてやめさせてもらえなかった記憶があるのです。

(またねつ造だったらすいません。)

私はすぐに辞めたい、片手でしかひけない、むしろ興味がわかない、苦痛でしかなく、

ほんと嫌でした。

そして3年たったから、本当に辞めたいと母に言ったら

「自分の口で先生にいいなさい」

と言われたので、

小心者の私は先生がこわくて言われへんと泣きました。

そして、当時月500円のおこずかいの中から、200円を姉に渡して

姉から先生に言ってもらい、あっさり辞めれました。

辞めたあと、

3年間の月謝代、12万円かえしてと母に言われて、

「はあ~~?かえさんし!だからずっとやめたいゆうたやんけ」

とブチ切れたおもしろい思い出が。


このケースでいうと、石の上にも3年の考えは古いんではないでしょうか?

あ、これ苦痛やわとおもったら、みきりつけて、さっさと辞めるのが、

精神的にもお金てきにもいいのではないでしょうか。

物事はケースバイケース。


社会人だって、本当にヤバイ会社って存在してるので、

そこは、初日で見切りつけるのも、数か月で見切りつけるのもありなんでは。

自分が一番わかってるんでは?

自分がどうしたいか、、、がやっぱり大事です。


にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへにほんブログ村
ブログのご訪問ありがとうございます。
Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • すごいわかる…。
    私、怒る側。
    いいかげんやめたい…。

  • Re: タイトルなし

    ほんとうに、、、お疲れ様です!!怒る側は徳をつむ、、、という言葉を生み出して、徳、徳、徳、、、と、、いうことにする、、などいかがでしょうか。。。

Home Home | Top Top