• おすすめ

  • プロフィール

    いちわり

    Author:いちわり
    幼いころから田舎暮らしに憧れてました。お宿でお手伝いしながら田舎ぐらしを体験させてもらって、たくさんのことを学びながらの日常を日記にしていきます★

  • アクセスカウンター

  • フリーエリア

  • 楽天


2016/11/26(Sat)

永遠ではない

もし、寿命がなく、みんなが永遠の命をもてたら、

人々はより所有欲、我欲、奪い合うでしょう。

土地を増やし、財力を増やす。


寿命があるから、

お金や土地はあの世にもっていけないから、

限られた時間の中で、魂を向上させる方法を探すのかもしれない。

死ぬということを理解していなかったときよりも、死ぬということがどんなことがわかったときの

方が優しくなれた。

おじいちゃんの死、父の死を通して、死を学ぶ。

自分の命にもかぎりがあることを、認識する。

まだまだ先と思っていた死も、明日の保証なんてないということを

自然災害などから学ぶ。

明日死ぬかもよ?

と自分に問うたとき、

自分の中で、集めていた経験とか、遠回りしてやっと手に入れたものも、

心から人にどうぞどギフトできるようになった。

永遠に命があると思うと

我欲に走り、自分の得た経験や技術を人におしえず、人の技術を学んでは

自分の箪笥の引き出しだけを増やして、自分が大きくなることだけをしていく人間になったかもしれない。

寿命はとつぜんやってくる。

なので、老後のためのお金をためよう、、、という感覚よりも

健康でいつでも働ける肉体があれば、食べるものには困らないので、

今を重視することが私は大切だと思う。

自分の体が資本です。

明日死ぬかもよ?

という言葉が私の中で流れてから、

表面だけのやさしさだった私が

心から優しくなれたように思う。笑


あちらの世界にはなにももっていけないのだから。

もっていけるものがあるとしたら、、、

それは愛であって、魂の経験かと思うのです。

今日も心地よく楽しくすごせてありがとうございまっす。

にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへにほんブログ村
ブログのご訪問ありがとうございます。
Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top