• おすすめ

  • プロフィール

    いちわり

    Author:いちわり
    幼いころから田舎暮らしに憧れてました。お宿でお手伝いしながら田舎ぐらしを体験させてもらって、たくさんのことを学びながらの日常を日記にしていきます★

  • アクセスカウンター

  • フリーエリア

  • 楽天


2016/09/21(Wed)

ハンナとその姉妹

「ハンナとその姉妹」

という映画を見ました。

1986年の作品で監督はウッディアレンです。

大好きなミアファローという女優さんんが、主人公のハンナ役。

しっかり者のハンナは姉妹の中で容量がよく、社会的にも安定した生活を送っているように見えて

実はいろいろ悩みはつきもの。そんな人生ヒューマンドラマ。

妹のホリーが、ハンナにお金かりまくって、夢ばっかり見ている。

女優のオーディションにおちまくって、あげくのはてに、専門ではない歌で勝負といい

ミュージカル女優のオーディションもうける。

ことごとく落ちるも、姉のハンナにやつあたり。

仕出し屋さんの会社を興すから、、、とハンナにまたお金借りに来て、

もんくばっかりいってる、、、

最終的にまたお金借りに来て、

脚本をかきたいの!

と言って、

なんと脚本が当たって、テレビで使われだして、

最後はハンナの元夫と結婚。

この元夫は無精子症で子供ができないと診断されていたに、

最後ホリーが妊娠して、奇跡だ!というとことで映画は終わる。


この映画も考えさせられました。

ヤク中でもあるホリーのいうことなんて誰が信用するんだろうとイライラしてみてましたが、

いろいろやっては無理でを繰り返しても、やりたいという気持ちが大切なのかなとも思ったし、

ちゃんと行動に移している。

見ている側としては、あまり努力しているようにも見えないので

成功するはずないという見方にかわってくる。

が、人生なにがうまくいくかわからない。

とりあえず行動することが大切なようですね。

そこに人格がどうのこうのって、判断しているのはまわりであって、

ホリーの成功を家族で喜んでいる姿勢がとても伝わってきて、勉強になりました。

こうしたから、こうなるという方程式は存在しないのかもしれない。

グダグダだらしなくて、優柔不断で、人に当たってばかりいても、

自分の感情に素直に生きてるホリーはすごいなと思った。

ハンナにお金を借りにいくシーンとか、

会った瞬間、姉にお金かしてというホリーは潔くてすごいなと思った。

コレできる人少ないんじゃ、、、

1980年代の人間模様、現代にも通じる内容でもあり、大変おもしろかったです。

にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへにほんブログ村
ブログのご訪問ありがとうございます。
Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top