• おすすめ

  • プロフィール

    いちわり

    Author:いちわり
    幼いころから田舎暮らしに憧れてました。お宿でお手伝いしながら田舎ぐらしを体験させてもらって、たくさんのことを学びながらの日常を日記にしていきます★

  • アクセスカウンター

  • フリーエリア

  • 楽天


2016/05/18(Wed)

会話の中から自分発見

最近、人との会話の中で、

自分でしゃべりながら、

え!あ!だからか、、、、と自分発見。


中学2年生のバレー部所属時に起こったこと。

2年生20人が、1年4人に対してスカート丈を注意したことがあったんですよね。

人数的にも先輩という立場的にも、2年が有利と思われがちですが、

1年生の4人は小学生のときからバレーをしていて、実力はあきらかに私たち2年生20人の上を行っていたんですよね。

実力があり、入部した瞬間即レギュラーになった4人。

バレーは6人式なので、2年生20人の中からレギュラー枠が2個、補欠枠2個とレギュラー争いが厳しい状態。

私たちは先輩という立場だけど、1年生から見たら自分たちよりヘタな先輩の言うことを聞けと言うことが

むずかしいですよね、、

しかし、立場上、2年生が注意しなければいけない。

スカート丈も校則があるし、、、

で、スカート丈を注意した時の1年の態度がこわいのなんのって

「は?」

みたいな。

そして私が名指しで

「坂本先輩、最近朝練しょっちゅう遅刻してますよね。」

と逆に2年生の私が怒られてしまって、

いろんなくやしさがまじって、自分に対してもくやしいし、それわかってたけど、1年に注意されるって、、、

私、すぐ泣く、、、みたいな。

私も14歳で子供だったので、

すべてにおいて、後輩の1年にまけた、、、と。

2年の1学期で引退にはまだ早い時期だったけど、

三日後に顧問の先生に

「引退します、、、」(辞めるという言葉を使いたくなかった記憶が、、)

と言いに行ったら、即返事で

「わかった」

と言われあっさりOK。

この時のくやしさも半端ない。笑

こんなにあっさりOKでるんや、、、、私っていてもいなくてもいい存在なんや、、、

なんかくやしい!!

くう!

実力社会を学びました。

長くやってるとか、先輩とか、、、そんなことは関係ない。

バレー部において、必要なのは、

まず最初に実力。もちろん実力+団体競技なのでチームプレイができるかどうか

協力してチームをプラスにもっていけるかどうか。

バレーの試合において、一つのミスがミスをさそって、勝ちそうだったのに、負けてしまうという流れを作ってしまう

場合がある。その反対、もう負けるわ、、と思っていても、チームの思いで、誰かがひっぱって点数をとったら、

みんなが次々ときめていって逆転、、、みたいな。

プレスにもっていけるような実力も要求される。

私はすべてにおいてそれがなかった、、、自分の実力を思い知った瞬間でした。

そして、実力がなかったら、あとから来た人が、自分のポジションを危うくするということも経験しました。

14歳で、このくやしさを経験したからこそ、

どの場所にいっても、自分は必要とされる側の人間になりたいと強く思った。

実力があった4人の1年生のように、、、、


自分のベストをつくしていて、それでも勝負の世界。

負ける時もあると思います。


でもベストを尽くして負けるのなら自分で自分を納得させることができる気がする

ベストつくしてないのに、人の実力にあせりを抱いて目の前のことをできていなかった。

どの場所でも、働く場所とか関係なく、自分は周りから必要とされる人間になりたいという

気持ちの強さが自分の土台となっているということに会話の中で発見したのであった。

くやしい思いや、つやい思いがあるから、

学べて、次はそうならないようにベストをつくす!

結果はすぐでない。

コツコツ目の前のことをやって、隣にいる人が

「助かるわ」と言ってもらえたらうれしい。

まずは隣の人から。

まずは同僚から。

まずは先輩から

上司から

家族から、、、

順番はみんなそれぞれ違うと思うけど、

目の前の写る自分の世界で、

人が喜ぶように行動すると、自分は必要とされるし、うれしい。

状況によっては、言いたいことを我慢しなければならない時もあると思う。

それがいい時もあり、悪いときもあり。

言いたいこといって、仲が深まるケース

言いたいこといって気まずくなって自分の居心地が悪くなってしまうケース

それぞれのことは、どれが正解とかなくって

自分が全部経験することで、自分が選んでいくものだと思う。

今の状況でなにか苦しんでることがあれば、

いつもやらない反対のことしてみると思いがけない発見があったりしって。

今してること、反対のことしてみて、

どっちが自分にあってるか、経験してみてつかんでいく。

年を重ねるって経験するってことだし、

年を重ねないと気づけないことばかりだなと最近思う。

私は人から必要とされたらとってもうれしいから、頑張ることをする。

必要とされないときのがっかりも経験してるから、

頑張っても必要とされなくても恐怖はない。また別の場所で頑張ったらいいと思うから。


嫌われる勇気や、必要とされない勇気がありつつ、、、

嫌われたくないし、必要とされたい

しかし、嫌われても、必要とされなくても、

どっちゃでもええわっていう感覚もあるから

最近すごく楽になってきました。笑


にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへにほんブログ村
ブログのご訪問ありがとうございます。
Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top