• おすすめ

  • プロフィール

    いちわり

    Author:いちわり
    幼いころから田舎暮らしに憧れてました。お宿でお手伝いしながら田舎ぐらしを体験させてもらって、たくさんのことを学びながらの日常を日記にしていきます★

  • アクセスカウンター

  • フリーエリア

  • 楽天


2016/04/21(Thu)

体の声を聞く。ということ。続き

人間は本来、

本能で、これはいい、悪いがわかるようにできているんです。

しかしながら、そこに知恵というものが入り、

頭で考え、

化学で証明されているかどうかに論点を起き、

常識の中で生きるように洗脳されている人がほとんどだ。

人間の本能に目覚めさせること=使われていない体の95%部分のスイッチが入る。

ということである。

じゃあ、どうやって目覚めさせるか?

それは自分がどうしたら心地よくなるかに重点をおいて

衣食住の生活の小さなサインを見逃さず軌道修正していきながら、

追求し続ける期間をもうけうことが必要だ。

その期間は人それぞれ違うでしょう。


その期間がすぎれば、次は精神の解放期間に入ってくる。

2年ほど前から、私は解放期に入って、いろんな意味で開き直っている。


「自分が心地よくなるように追求する期間。私の場合。」

①24歳まで、毎日のお風呂、シャンプーリンスー、石鹸、メイク、化粧、メイク落としは、自分に頭の中で考えて

選択してきたことでした。しかしながら、95%の体さんは、苦痛だったようだ。筋組織はそれを拒否していた。

これらを全部やめたところ、急におそってくる得体のしれない不安がくることは二度となかった。

体が拒否しているものを使い続けると、感情でさまざまなものがおそっています。

何も使わない時期がおわり、10年たった現在は、自分が心地いものを選択して、シャンプーも3日に1回ほどナチュラルなもを

選んで使っています。アレッポ石鹸も部分使い。全身に使わないよ。

気になる箇所だけ。


お風呂も1日1回なんて頭で考えること。体が気持ち悪くなったら入ったらいいじゃん。

冬なんて3~5日に1回だよ。

夏は汗たくさんかくから、1日2回だよ。

1日1回入るのが心地良い人もいる。

自分の心地いいのを選択する。


頭で選択して使っても、体が拒否すると、感情にでたり、アトピーででたり、内臓にでたりします。

頭で考えることより、体の心地よさを優先すること。

②食事も同じことが言えます。食べ物に対して、これは良い、悪いを頭で判断して食べてると体がおかしくなりますよ。

じゃあ白砂糖は体にわるいじゃないか!

という時期、みんな通ります。

小麦がわるい??

体調改善に制限する時期も必要だと思います。しかし、それずっとしてたら、シワ増えます。

どこかで、食べたいけど我慢しているものがあるとしたら、

我慢に対して追求して下さい。

我慢を解放し、悪いとしていた食べ物を、良いに変えて、幸せいっぱいの気持ちで

ごはんを食べたとき、私の体の中でまたなにかが変わったのを覚えています。




きりがわるいですが、いったんここまで。






にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへにほんブログ村
ブログのご訪問ありがとうございます。
Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top