• おすすめ

  • プロフィール

    いちわり

    Author:いちわり
    幼いころから田舎暮らしに憧れてました。お宿でお手伝いしながら田舎ぐらしを体験させてもらって、たくさんのことを学びながらの日常を日記にしていきます★

  • アクセスカウンター

  • フリーエリア

  • 楽天


2016/04/20(Wed)

運命

運命は自分で決められる。

たとえ、生まれる前に自分で決めてきた課題があったとしても、

自分の想定外で、早い段階でクリアしようと設定をかえたり、もっと難しいのがいい!とむずかしくしたり、

すべては自由自在。


ただ一つ!!

全員が決められた変えられない運命がある。

「死ぬ」

ということ。

みんないつかは絶対死ぬ。

「生まれる」と「死ぬ」

はセットであります。

生まれて、おめでとう!

死んでも、おめでとう!

なのです。

逆に生まれて、かなしい!

死んで、かなしい!

なのです。

両方をもちあわせているのです。

人間であるから、痛い思いもするし、辛い思いもする。

人間であるから、気持ちがいい、、も体験できるし、楽しいも体験できる。


そして最終的には、「死ぬ」のです。そして、人間として哀しみ、魂としておめでとうと言うのです。


「死ぬ」

という運命が決まっていると認識したとき、

心の幅がひろがって、小さなことが気にならなくなった。

「死ぬ」を忘れて、今に必死になりすぎて、目先のことしか見えなくて、

人の行動が気になりだしたとき、

私は「死ぬ」ということを思い出す。

するとさっきまで気になっていたことがすっぽりぬけて、

ただ純粋に

「人に優しくしたい」

という感情が生まれる。

どうせ死ぬことが決まってるんだから、それだったら、自分ができるかぎり人に優しくありたい。


自分の中に邪がでてきたら、最近、死生観の世界に入り、

自分を戒めています。


今日のこのブログ、

「共感~~」ってなる人いないだろうなって思いながら、

これはいわば私の特性として、日記としてとどめておきます。

にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへにほんブログ村
ブログのご訪問ありがとうございます。
Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top