• おすすめ

  • プロフィール

    いちわり

    Author:いちわり
    幼いころから田舎暮らしに憧れてました。お宿でお手伝いしながら田舎ぐらしを体験させてもらって、たくさんのことを学びながらの日常を日記にしていきます★

  • アクセスカウンター

  • フリーエリア

  • 楽天


2016/03/12(Sat)

落ち込んだとき

落ち込んだ時の一番の対処法!

ほっとく!

にかぎる。

◎◎しなきゃ、、、というのは無視無視!

外にでなきゃ、、とか、

そうじしなきゃ、、とか。笑

すべてほっとく。

落ち込んでる時、病院いったら、100パー「うつ」って診断されます。

100パーです。

うつの薬が処方されます。

飲みます、、、精神がもっと不安定になり、収集つかなくなります。

すると、うつ+適応障害って診断されます。

薬増えます、、、、

と同時に病名も追加されていきます。

このパターン、王道コースで非常に多いです。

そしてお家から出れなくなってきます。


ほっておけば、人間、時がたてば、自然と外にでたくなったらり、

そろそろ掃除しよっと、、、とかになるのですが、感情のコントロールが薬によって乱れてるので

もうどうにもなりません、、、

そうならないように、私たちは学ばなければなりません。

人間には喜怒哀楽があります。

喜びも、

怒りも、

哀しみも

楽しみも

それぞれあるからありがたい。


山田先生がおっしゃいました。

「ボケるか、悟るか、、、だよ」

と。老人はボケると病気が治っていくそうです。

これは、思考や考え方がどれだけ臓器に影響を及ぼすかを物語っています。

緊張したら血圧は高くなるし、呼吸も浅くなる。

高い所から下をみると、体はブルっと震えるからずっとは見れない。

恐怖におちいったら体は震える。

手は自分の意思で曲げることができますが、血圧や、体が震える、脂汗などは

自分の意思ではだせませんが、思考が体に与える影響です。意思では出せませんが、思考がそうさせます。

この影響が長いこと続くと、臓器に負担がかかります。

ボケると、子供に変えっていくと言われますが、そこにヒントが隠されます。


私はボケたくない、、、悟りたい、、、笑。

落ち込んだとき、人々は

落ち込むことが悪いことだと思っているのか、なんとか頑張らって気分をあげないと、、、と

思考が動くようです。

思考とはがんばってあげていくものでなく、勝手にそうなるもの。

落ち込むことは自然の感情。

良いも悪いもないのです。

人間だから味わえる感情。

喜怒哀楽、自然の流れに身をまかせましょう。


にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへにほんブログ村
ブログのご訪問ありがとうございます。
Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • No Title

    ほっとく!言われてみれば、プラス思考で♪っていうのも、ある意味強引なコントロールですよね。
    今週、心配し過ぎて頭痛で寝込みました(笑) 思考と体は直結と痛感…老人はボケると病気が治る、っていうの衝撃です(^-^;

  • Re: No Title

    eriさん!ぜひぜひ秋の山田先生の合宿に参加して頂きたいです!

Home Home | Top Top