• おすすめ

  • プロフィール

    いちわり

    Author:いちわり
    幼いころから田舎暮らしに憧れてました。お宿でお手伝いしながら田舎ぐらしを体験させてもらって、たくさんのことを学びながらの日常を日記にしていきます★

  • アクセスカウンター

  • フリーエリア

  • 楽天


2016/02/22(Mon)

ピンチはチャンス!?

20代前半は

五日市さんの影響大で、

「ピンチピンチチャンスチャンスらんらんらん♪」

と歌うたって、ピンチはチャンスなんだといいきかせて、

心落ち着かせていた時期もありましたが、、、

ピンチのとき、とっさにチャンスだと心から思える時、

それはピンチではなく、チャンスなんだと思う。

本当にピンチがきたとき、チャンスを思える心の余裕なんてなく、

どう対応するか、、、の思考しかうまれない。

何年か経ってから、後から、

「あのピンチがあったから、今はこのチャンスがあるんだ」

って思うことを、「自分でありがたさに気づける心がやしなった」

のかなぁと心の成長を感じます。


チャンスと思って飛びついても、ピンチに陥ることも多々ある。

そのときの出来事を、心で感じ切らずに頭で納得しようとするから、

体の中で誤作動が起こる。

ピンチの時はピンチだし、

チャンスのときはチャンスなんだと思う。

結局のところ、

ピンチもチャンスもどっちも同じで、

時間の経過と共に、おもしろい化学反応が起こってくる。

感情に正直に。

体の中で起こった感情は、味わうのが一番。

20代前半は、ピンチや試練やプレッシャーをどう対処していいかわからなくて、

「ピンチはチャンス」

の考えに救われました。

なので、心が育つまで助けてもらう考え方としていいと思うのですが、

ずっとそう思い込むのは危険かなって思いました。

「この食べ方が絶対だ!」

と思うことが危険であるかのように。


頭で考えるより体に聞く。

それができるようになるまで私は「ピンチはチャンス」

という言葉に助けて頂きました。

食べ方もそうです。

精神が不安定な時、食べ物に助けてもらって、心が救われ

生きたい!と思えました。

だからといって、それを妄信することはとっても危険だと体が教えてくれました。

宗教もそうです。

信仰心はとても大切ですが。

信仰心と宗教は別なので。

切り離して考えないと大変危険です。





にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへにほんブログ村
ブログのご訪問ありがとうございます。
Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top