• おすすめ

  • プロフィール

    いちわり

    Author:いちわり
    幼いころから田舎暮らしに憧れてました。お宿でお手伝いしながら田舎ぐらしを体験させてもらって、たくさんのことを学びながらの日常を日記にしていきます★

  • アクセスカウンター

  • フリーエリア

  • 楽天


2016/02/10(Wed)

一人の時間

なにも予定を決めず、

ぼけーーと街中を歩く時間を私は求めていたのか、、、

ひたすら、、、ひたすら歩きます。

気がついたら、、、3時。

あ、、レーシック受けた場所、、、1週間検診に行かねば。と電話したら

2時間後の5時に予約とれたので行ってきました。


1週間検診と3か月検診は料金に含まれていて、かならず来てくださいねと言われていて、

徳島なので行けない場合は、徳島の眼科の紹介状を書きますと

説明されるのですが、

私はマニュアル通りに動けない人。特に目に問題なく、大順調。

もともと病院は悪化しないといかない人間なので、、、(これが原因で何本歯の神経をぬいたことか、、、)

検診の説明きいても、本来の私なら充血でもしないかぎり100パー行かなかったことでしょう。

しかし、あのクリニックには激イケメンがいる。


レーシック2日目の検診では女性にあたってしまってチャンスを逃している。

今日!あの激イケメンに当たることを期待しての診察予約をしている私の心は

おばちゃん心が育ってるあかしでしょうか。。。。。


そして、、


キターーーー!!

激イケメンにあたりました!

名前を呼ばれた瞬間

心の中では「よっしゃ!」のガッツポーズ。

顔が一瞬ニヤケそうになったのを必死に隠すことだけに集中しました。

と同時にやや動揺もかくせません、、、

もう声までもがイケメン声で。

「右目が1.2で左が1.5ですね。1週間目なので、見え方が安定しないかもですが、大丈夫ですよ」

と。

マスクしていて、こんなイケメンオーラ出す人って、、、相当すごい、、、

いや、実はマスクとったらがっかり、、、なんてことも、、、

と妄想は膨らむ。

次は3か月後検診か、、、これはすっぽかすかもですが、、、笑


梅田の人混みの中で歩きながら一人の時間を楽しむ。

この時間がすごく幸せで、、、街中をさまようのです。

たまに立ち止まって、どこ行こうか考えて、、、ぼけーーと歩き回るのです。

前に白髪の前頭部から後頭部ハゲのサラリーマンらしき60代と思われるおじさんの後ろ姿見て、、、

コートも鞄も靴も、おじさんぽくなくて、すごくスタイリッシュで若い。

やっぱり着ているものって人の印象って変わるなって人間ウォッチング。

私も年齢かさねても、あのおじさんのように若々しく、かつ、痛々しくならないような

着こなしをしていきたいな、、、と

考えながら街をふらふら、、、、

診察終えてふらふらしていたら6時、、、

たこ焼き買って漫画喫茶に入ったら出れなくなって、、、

12時15分までねばることに、、、。

いつも地下を歩いている私は、

地下がもうしまっていて、地上を歩くのに戸惑いながら、駅への方向がわからなくても

みんなが終電にむかって急ぎ足なので、自然と駅に到着できる。

20歳~21歳までの1年間、残業が普通の店舗にいて、毎日終電電車に乗っていた時が懐かしい。

あの時も楽しかったな、、、。

吹田駅について、

タクシーのおじさんに元気にあいさつ。

「こんばんは!」

そして、家の前では元気に

「ありがとうございます!失礼します!」

と。

タクシー代金は10パーセントから20パーセント多めに渡すのがポリシー。感謝の気持ちをこめて。

これは、母がずっとそうしてきたことをマネしているだけなのですが。

通帳のお金がマイナスの時も、母にお金借りている分際だったときも

ずっとしてきた習慣。笑

あるからする、ないからしない、、ではなくて、

安全に家に帰れた感謝の気持ち。

数百円の上のせだけなのに、おじさんが

「え!ええの??ごちそうさまです!」

ってお礼言ってもらえて、逆にとってもうれしい。

そんな大阪での一人休日の1日でした。






にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへにほんブログ村
ブログのご訪問ありがとうございます。
Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top