• おすすめ

  • プロフィール

    いちわり

    Author:いちわり
    幼いころから田舎暮らしに憧れてました。お宿でお手伝いしながら田舎ぐらしを体験させてもらって、たくさんのことを学びながらの日常を日記にしていきます★

  • アクセスカウンター

  • フリーエリア

  • 楽天


2016/02/04(Thu)

レーシック 手術日

検査が無事13時で終わり、

母と姉家族とランチ合流。

姪っ子7歳が、私の目の手術をかなり心配してくれていて、

「がんばってねーー!」

と。半分おもしろがってる節がありましたが、、、笑。

「目見えなくなったらどうするの?」とか

「目の手術、絶対いやや~」とか。笑

そして17時にクリニックへ。

5分ほど目のチェックをしたあと、今日は手術がこみあっているから、

19時すぎのご案内になります、、、と。

ということで、ショッピングへと出かけました。

レーシックは間、時間がちょくちょく空きますね。

大阪のど真ん中なので時間を潰すのは余裕のよっちゃんですですが◎

緊張のあまり、いつも買わないものまで買ってしまったかも、、、

セールで手が出せたプチバトーのインナーカットソーや

マリメッコのリュックサックなどなど♪

19時すぎにクリニックに戻って、19時15分から3人グループで呼ばれて、

目薬の処方のビデオを見ます。麻酔目薬をがばっと入れられます。

15分後、また麻酔目薬がガバッと入ります。

そして一人づつ手術室に入っていきます。

手術室に入った瞬間

怖い、しまった、、、の感情が頭を流れていきます。

ボス院長がトップにすわっており、周りに4人ほどサポートの人がいます。

頭を固定され、動かないように言われます。また麻酔目薬がガバッと入ります。

目をテープで動かないように痛いぐらいに固定されます。

「緑のランプを見ていてください!だめ、逃げてる逃げてる!

緑のランプみて、見て!まだ見てないよ!本当に見ないと危険なんですよ!

うごかないで、だめだめ、大丈夫ですよ、今目は見えてないですが、

うまくいってますよ!」

との声が聞こえ終わる間に右目がおわってました。

レーザーでくりぬかれて、表面めくって、レーザーあてて、めくったやつを

また戻す、、という早業。

左目に入る時もおびえてしまって、、、

「大丈夫だから!緑の点みて!本当にこれ重要だから。しっかりみてください。

動いたらたいへんなことなるよ。大丈夫、うまくいってますよ!」


私の体は硬直して手が震えて震えて、かなりのおびえようだったと確信しているので、

院長先生の声も荒くなってしまったのもしかたないでしょう。

無事手術が終わって、20分の安静部屋へ。

安静部屋で横になりながらもうっすらぼやけて見える世界への期待感で

わくわくしていました。

麻酔が聞いているので、痛くなく、でも目はしっかりあけられない感じ。

手術後は、レーザーでつくったフラップというフタを治す期間は

目を安静にしなければならない。

お母さんが迎えに来てくれていて、

ほこりや空気が入らないように渡されたサングラスをつけて車に乗って安静に帰宅。

手術次の日から、梅田をサングラスつけて5時間ウロウロ。

3日目に夜間運転ばっちり。

4日目、高松から池田まで夜の運転ばっちり。

5日目の2月4日、目の調子は絶好調。

裸眼最高です!




にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへにほんブログ村
ブログのご訪問ありがとうございます。
Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • おめでとー!
    ようこそ裸眼の世界🎶

  • Re: タイトルなし

    もううれしくてうれしくて!せいこさんの体験談もとても参考にさせて頂きました!

Home Home | Top Top