• おすすめ

  • プロフィール

    いちわり

    Author:いちわり
    幼いころから田舎暮らしに憧れてました。お宿でお手伝いしながら田舎ぐらしを体験させてもらって、たくさんのことを学びながらの日常を日記にしていきます★

  • アクセスカウンター

  • フリーエリア

  • 楽天


2015/12/20(Sun)

久しぶりの関西弁バリバリ

久しぶりに関西弁の中にいると、

ああ、たしかに、ちょっときつく感じる人は感じるんかな、、、って思いました。笑


小学2年生のひなちゃんは天使のよう。

毎月40冊以上の本を読んでるそう!

学校で先生が生徒みんなに対して怒っているときに、

ひなたちゃん、下むいて反省してるんかなって思ったら、机の下で本読んでたってママが先生に言われた話聞いて、

さすがひなちゃん!将来楽しみって思いました。笑

その話きいて、私がひなちゃんに、

「時間を無駄にしたくないもんね~」

って言ったら、うんうんってうなずいてた。笑

もうすぐ4歳になるなずちゃんに対して私が、

「わあ!なずちゃん背がのびたかな~~??」

と話しかけたら、すかさずひなちゃんが、

「ぜんぜんやで!こいつチビデブやで!」

え!こいつ。。。??チビデブ??

「クラスの中でも一番チビでデブやで!」ってまた言った!

ほいで、なずちゃんに対してケリ入れたりして飛ばしてた、、、、

おばあちゃんが、「こら!ひなちゃん!あかんよ」って。

そのほかでの場面も、「おまえなんか大っ嫌いや!」

系の言葉をばんばんなずちゃんに使うのでびっくりしてしまった私なのですが、、、、


いやいや、、、、、姉妹ってこんな感じなんですよね。。。

私もそうやったわ、、、ってその後継みて鮮やかに、、、思い出されました。

姉が帰ってきて、

「関西って子供時代はばんばん使うよな。こいつとか、おまえとか、アホちゃうとか、バカか、とかきしょいとか

きもい、、、とか」

姉「そうやで~関東の友達のおっちゃんに、おっちゃん言うたら、友達が怒ってな、おじさんって言ってよ、なにおっちゃんって!!」

ってなったそう。

言葉のニュアンスって地域によってほんまに違うなと感じます。

おまえとか、こいつとか、あほちゃうとかばかちゃうとか、もう挨拶感覚で、

それが普通なんですよね、、、、

なのでなずちゃんも、何言われても、なんともない感じ。なずちゃんは気にくわないことがあると

もう手がつけれなくなるお山の大将。姉からなに言われても、日常のこと。おはようの挨拶みたいなもの、、、、

しかし、そんな普通に使っていた言葉も中学、高校と進むにつれ、自然と使わなくなるのですが。

子供時代にしか使えない言葉ってたくさんあって、ぞんぶんに使ったらいいと感じました。

(学校ではおまえとか、こいつとか言いませんよ、あくまで身内会話です◎)

ひなちゃん、天使のようにかわいいのに、言葉の使い方が自分の子供のころそっくりで、

びっくりしつつも、なつかしく感じてやっぱりひなちゃん、めっちゃかわいいわ~~はメロメロになりました。

なずちゃんは個性はで本当におもしろい!

にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへにほんブログ村
ブログのご訪問ありがとうございます。
Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top