• おすすめ

  • プロフィール

    いちわり

    Author:いちわり
    幼いころから田舎暮らしに憧れてました。お宿でお手伝いしながら田舎ぐらしを体験させてもらって、たくさんのことを学びながらの日常を日記にしていきます★

  • アクセスカウンター

  • フリーエリア

  • 楽天


2015/09/23(Wed)

検診

芸能人の方が乳がんを告白されました→http://www.huffingtonpost.jp/2015/09/23/hokuto-akira-cancer_n_8181616.html?ncid=fcbklnkjphpmg00000001

毎年マンモグラフィーやエコー検査を秋にうけてるのに、年明けから、胸に痛み違和感があった、、、

って、

この事実。

その他の癌検診もですが、

毎年検診うけてて、突然発見される。。。。

早期発見のためっていうけど、

今回の乳がんは、全摘出でけっこう深刻らしい。

私は検診はいっさい必要ないと思ってる人間ですが、

これを友人に話してもわかってもらえる人がいないため話しません。

検診うけてても、癌になるやん、、、、

しかもマンモグラフィーやエコー検査って、、、おっぱいさんにかなりのご負担になってるのですのよね。

のりさんはもう15年、私は8年以上検診うけてません。

どれだけ無意味かわかっておりますので、、、。

しかしながら、20代前半の時は、子宮筋腫、乳がん、女性器官の病気にかなりおびえていたので、

おっぱいをもんで、しこりがないかとかけっこうチェックしてました。

なにぶん、ネガティブな人間なので、当時は4人1人は女性器官の病気になると洗脳されると、

なったらどうしよ!!と不安ばかりで、

じゃあ、なぜなるのか、、、という疑問や思考を落とし込む習慣がゼロだったので考えもしませんでした。

なので、不安になる気持ちもじゅうじゅうわかります。

今、私は、癌になぜなるのか、、、ということが私なり答えを出し切りましたがので、

自信満々にすごしております。

それでも癌になることも絶対ないといは言い切れませんが、

毎年検診うけてても、上記のような記事の内容の結果になるのなら、

受けない、、、を選択するのが、体への負担も不安のなくベターなのではと私は考えます。


足の爪の経過ですが、

2日間痛みにたえて、もう、今は痛くないです。

自然治癒力で、傷口が治るのを待つのみです。全治1か月、、、??

爪がはがれて、病院に行った人に、どうでしたか?と電話で聞いたら、

病院ではなにもできなくて、テーピングで根本を固定してガーゼで包帯の処置しかできないんだそうです。

なので2回目はがれたとき、同じように手当して直したんだそう。

傷口一つにしても、自然治癒力で治す過程を経験したら、

体の中にできた物体に対して、きったり、薬いれたりするのって、おかしい??


っておもいませんか。

盲腸や急性の激痛の時など、救急で病院にいくとき、その時の手術は必要かと思います。

必要といいましても、原因があるから、そうなるので、次からは原因を考えて、無理しすぎないように

生活習慣を改めるなどしないといけません。

盲腸の場合、急激に体重が増えたときに、内臓に負担がかかって炎症が起こるケースが多いように思います。

病気は、精神的、物理的、肉体的、環境的さまざまな要因が絡まっておこるので、

自分を見つめ直す与えられたプレゼントだと思います。

にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへにほんブログ村
ブログのご訪問ありがとうございます。
Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top