• おすすめ

  • プロフィール

    いちわり

    Author:いちわり
    幼いころから田舎暮らしに憧れてました。お宿でお手伝いしながら田舎ぐらしを体験させてもらって、たくさんのことを学びながらの日常を日記にしていきます★

  • アクセスカウンター

  • フリーエリア

  • 楽天


2015/08/23(Sun)

危険予測

私は大阪の摂津で育ち、住宅地のなにもないのどかな田舎で育ちましたが、

学校から自宅までのあいでで、私でさえ、2度危ない目にあっている。

知らない人から声かけられて、絶対答えてはいけない。

理性のきかない変人はどこにでもいる。

2度あるうちの一度は5歳ぐらいのとき。

バイクに乗ったろれつのまわらない男に畑の横で声かけられ、たばこをすえと言われた。

全力でにげた。

次は中学生のころ。

私の歩くスピードにあわせて、横に車がピタリとついてうごいている。

車が歩くスピードでうごくなんて、めちゃこわく、こちらをうかがっている感じ。

これも全力でにげた。

へんな人はいるから、絶対こたえてはいけないと教えられた。

用心深いのは生まれ持ったものだと思うのは、二十歳をすぎても、知り合いになったばかりの男性の

車にも絶対のらなかった。

迎えに行くよ、とか、送るよ、、系は全部おことわり。(極端すぎるかも、、ですが。)

20代前半、よく漫画喫茶で一晩をすごし、

早朝最寄り駅でタクシーを待っていた時、なかなかタクシーがこない。

ぼけーーーっと一人つったっていたら、目の前に白のワンボックスカーがとまった。

「どこまで帰るん?おくっていこっか??」とおじさんがしゃべりかけてくる。

私はふいうちでびっくりしてしまって声がでず、あとずさりをした。うしろには駅員室がある。

「500円でええで。」

といってくる。あ、シロタクってやつかな、、、とずっとタクシーをまっていたので、一瞬気持ちがぐらつきましたが、

乗るわけないやんけという感じ。

「なんや!!乗らんのか!」

と声でかくして言ってくる。私はびびりなので声がでない。また後ずさりした。

すると車は去って行った。

大阪だけではない。

へんな人はたくさんいる。

自分の身は自分でまもらんといけない。

なので、まわりの大人たちは、最低限の危険予測は子供に伝えておくべきだ。

生ぬるいおしえかたではいけない。

絶対、知らない人の甘い声に騙されてはいけない。

チャンスがあらば、変なことを考えている理性の壊れた大人はたくさんいる。

善ばかりではだまされて大変なことになる。悪の存在もしって、近づいてはいけない。

そう強く伝えたい。

姪っ子2人にも伝えている。

姪っ子は梅田のど真ん中に住んでいるので、交通事故の危険もあるので、その危険予測も何度も伝えている。

青信号でも、絶対車の確認をする習慣をつけないといけないよ!と毎回いう。

するとひなちゃんが、

「知ってます~~」と答えてくれます。

青信号でわたっていて、暴走車で亡くなった子供をもつ芸能人の人が、涙ながらにうったえていました。

「青信号でも、確認するようにお子さんに伝えて下さい」と。

それを聞いてから子供たちと信号をわたることがあるとかならず私はそのことを伝えます。


にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへにほんブログ村
ブログのご訪問ありがとうございます。
Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top