• おすすめ

  • プロフィール

    いちわり

    Author:いちわり
    幼いころから田舎暮らしに憧れてました。お宿でお手伝いしながら田舎ぐらしを体験させてもらって、たくさんのことを学びながらの日常を日記にしていきます★

  • アクセスカウンター

  • フリーエリア

  • 楽天


2015/04/14(Tue)

小心者

私はとても小心者なので、フェイスブックとこのブログの連動を外したのも、

急に怖くなってはずしたんです、、、

ブログは、見て頂いてる人がいるから、書きたいという気持ちがでてきて、

日々かきます。

1日1万人の訪問者がいるブログとかすごいな!!とうらやましい目で他のブログをのぞくことも

あり、自分も少しずつ人数が増えていったらいいな、、、と思って約5年前から書いてるのですが、、、

開設当初から、毎日の訪問者数はずっと平行線。20人~50人、平均30人です。

心のどこかで、パワーブロガーさんにあこがれて、ブログのコンテンツとか学びに行こうかな、、

と検討していたりしたのですが、、、本心では求めてなくて、

世間の情報にもまれているだけで、そっちを目指してしまうと、小心者の私の心がもたない、、、

と最近思いしらされました。

平均30名の方が見にきて頂いている、、、

これが、かりに100人こえて、500人になったりしたら、びっくりして、

ブログを更新できなくなるかも、、、とか、絶対ならないのに妄想したりして、、、笑

自分で求めている人数の方が見にきて頂ける。ありがたいことです。

小心者は子供の頃からずっとそう。

姉はばんばん前に出て、人前でよく賞などもらっていて、部活でも部長をするタイプのリーダ肌。

結婚式の入場の歌は、マイクを片手に自分の生歌で登場する堂々たる態度。

私は子供の頃から、劇をするってなっても、小道具か、大道具のどちらかにまわるタイプ。

おとなしくて、日蔭が好きなタイプ。つねに平均のあたりで安心感を得ていた。参観日は親には絶対きてほしくない。

見られたくないから。

ふっと母が廊下を通った。

ダッシュでお母さんのところにいって、

「こんといてってゆったやろ!!」

ってゆったら、とっさにお母さんも

「あんたを見に来たんじゃない、かなや。」

と言って去って行った。ほっとした。笑

小学5年生のとき、運動会の題で絵を書く授業で、先生が私の絵をコンクールに出すと言ってきた。

驚いた、、、小心者の私はガクガク震えて、運動会で描いた同級生の肌の色をこげ茶で塗ってしまった。

先生があわててダッシュできた。

2人の先生が、2人がかりで、ティッシュに水をつけて、

茶色をぼかして、ふきとって、肌色に塗りなおしてくれた、、、そして私の絵はどこかに出されたが、

そのあとの記憶がない、、、。

姪っ子によく私は、

「かおりちゃん、ほんまはやればできる子やねんけどな、小心者で人前に出れないから、賞とかとれんかってん。

ほんまはとれるねんけどな!がはは」

っていうと、おばあちゃんであるお母さんも大爆笑みたいな。笑

奇跡的に結婚できて、家族もびっくりだったのですが、、、

結婚式をしたくなかった理由が、この小心者からきています。

人前にさらされるのが耐えられないのです。。。。笑

しかも、結婚式は花嫁が主役、、、

人はみんな誰でも人生において、主役だと思いますが、

結婚式などのパーティーで、数時間主役が続くことをイメージするだけで、

絶対結婚式はあげたくない、、、という思考になるのです。

お母さんは結婚式をあげてほしかったし、お願いされたけど、

断固として断って、、、姉にも説得されて、カフェで掴み合いの大喧嘩になったりしましたが、

それだけは譲れなくて、、、

じゃあせめて写真だけでも、、、と台湾でとった写真があまりにびどかったようで、

母が泣いた、、、「かわいそう」って。

「え!ちょっとまって、私が望んだことだし、ぜんぜんかわいそうじゃないし!」

と言ったこと、今は理解してくれてるでしょう、、、。

taiwannshasinn.jpg

↑台湾で撮った写真はお気に入りです、、、途中のりさんがお昼ご飯を食べに行ったので、実は一人写真が

多いのですが、、、笑

そして2月のファミリーフォト撮影で、一千乃さんにファミリーフォトをとってもらって、

大記念になりました。

あ!ファミリーフォトのイベントは、すごくすごくおすすめなので、またクウネルでも開催したいです!

このイベントは特別です!

mamifoto1.jpg

sakamotoke4.jpg

母と姉と3人でも撮ってくださいました。

ファミリーフォトブログはまた改めてブログにまとめたいと思います。

いつもブログを見にきて頂いてる方、

ありがとうございます。



私は小心者ですが、小心者というのをバレないように生きてきました。

でも、最近、小心者でもいいじゃないか!小心者は小心者らしく、どうどうと生きようと

思ったのです。

自分で小心者を認めることで、無理なく生きたい。

そんなふうに思った気づきの一日でした。


にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへにほんブログ村
ブログのご訪問ありがとうございます。
Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top