• おすすめ

  • プロフィール

    いちわり

    Author:いちわり
    幼いころから田舎暮らしに憧れてました。お宿でお手伝いしながら田舎ぐらしを体験させてもらって、たくさんのことを学びながらの日常を日記にしていきます★

  • アクセスカウンター

  • フリーエリア

  • 楽天


2015/04/08(Wed)

自分はすばらしい。

醤油を常に持ち歩いている時期があった。

友人と旅行にいくとき、玄米は2日分もっていって、一緒にごはんたべず、納豆ごはんをしたり、、、

姉と母がランチしてるのを外でまっていたり、、、

そんな厳格なときがあった。

植物性以外のものは全部、敵にみえたし、添加物も悪!悪!悪!というすごい敵対心。

それが、、、いろんなことがきっかけで、

人間は毒素を栄養素に変える力があるとしったし、

それが食べたいと思ったら食べてみたらいいし、、、

食べ物を食べて幸せに感じる気持ちがバイタルにつながるんだと私自信は確信した。

マクロビのごはんも大好きだし、おばあちゃんがつくるごはんも好き。

マクドは絶対いかんけど、、、食べたいとも思わないし、、、

窯焼きのピザを食べにいきたいな♪

食べたいとおもったらもんじゃも食べよ。

でもこの間、、、おいしくかんじなかったので、もういらないかな、、、

とかとか、

自由に食べることにしました。

健康にいいからこの調味料を選ぶじゃなくて、

昔ながらの伝統製法で作られている調味料ってほんとおいしいのですよね。

おいしいから選びます。

添加物でごまかせれてるのは、

なんか不自然な味がしてむりで、、、、

最近はドレッシングとかこだわりのものがたくさん目にとまって、

購入してはおいし~~ってなったりしてます。

調味料はやっぱりこだわりのもの以外はもう使えないし、

でも外食するときは、そんなのぜんぜん気にしない。

ラーメンとか食べたい。

でもこの間入ったラーメン屋さんで、白い粉を大量に入れているのを見てしまって、

脳がインプットしてしまったから、、、もう行かないかも、、、笑


とかどっちやねん!てきなつっこみがあるかもですが、

ようは自分で線引きして、楽しく食べるを実行しようと思います。

セブンイレブンのカリカリなんとかがおいしかったから、

のりさんに2つ買ってきてくださいってメールうったら、

去年までやったらスルーされたの、

私の変化を近くで感じていてくれているので、机の上にそっと置かれていた時うれしかった。


去年1年いろいろ実験して、、、、

夏に大歩危駅で人をまっている時間にアイス食べたくなって、

ツジリのファミリーパックのアイス6個入りを一人で一気に食べた、、、

けど、心がすごく満足して、次に日るんるんですごせた。

3年前に久しぶりに外食したら、気分がわるくなって、、、

マクロビの人は

「体が素直になったんですね、すばらしい!」

ていいます。

母からは、

「体よわくなってなんぎやな~~」

って言われたから

「体が素直になったんやって!!」

と言い返しましたが、

そっか、、、弱くなったというとらえ方もあるな、、、むかしは大丈夫やったのに、、、

大丈夫に見えるけど、体に蓄積されていくよ、、、の呪縛。

そんなわけない。

人間の体はそんなにやわではない。

今でははっきりそういえる。

大人アトピーや、主婦湿疹になったおかげで、

たくさんのことに気づかせて頂いた。


今この考えだけど、また変わるかも、、、。人間は常に変化するから、

食べたいものもかわっていく。

人によっては食が大事だよっていうし、手作りのものがおいしいよというかもしれないし、

また別に人には、たまには外食たのしもっというかもしれない。

人間が変化するし、人もそれぞれの状況がある。

ある人には、肉たべな、、、

ある人には野菜食べた方がいいよ、、、

答えは一つではない。

治る手段もその人が自分であれこれしてみて、その過程で治るかもしれないし、

治らない時は、精神解放したりして、、、、


自分はすばらしい!

自分というのは、自分の体さんのことでもあり、自分そのものであり、

自分の無意識のところで動いていてくれている細胞さんであり、

すべてを含めて

自分はすばらしい。

寝たきりであったとしてもすばらしい。

寝るの楽しい◎細胞さんも休憩できてうれしい。

などなど。書き出したらきりがありませんが、、、、

にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへにほんブログ村
ブログのご訪問ありがとうございます。
Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top