• おすすめ

  • プロフィール

    いちわり

    Author:いちわり
    幼いころから田舎暮らしに憧れてました。お宿でお手伝いしながら田舎ぐらしを体験させてもらって、たくさんのことを学びながらの日常を日記にしていきます★

  • アクセスカウンター

  • フリーエリア

  • 楽天


2015/04/08(Wed)

マクロビ

マクロビを自分なりに実行していた時期は、

「マクロビを3年やりましたが、結婚して、旦那さんとのごはんになるので、なんでも食べるようになりました。」

とか、

「40年ほど玄米菜食のごはんを出してくれてた女将さん、最近玄米食べなくなったそう」

とか

聞くと、

拒否反応が。

なんでやめるんだろう、、、こんなすばらしい食事。

今ならわかる、、、

私はユルベジを選びました。

魚は月に1回、多くて2回ぐらい?がすごく楽しみ。

お肉はもともと食べたいと思わない。

正食協会師範を8年前にとったの~~って言われた方は、ご自身の難病治しでお手当と玄米菜食を

実行して治した。

くうねるに宿泊したときは、

今はなんでも食べるの。

にすごい違和感が。

食養セミナーで、私は

「病気がなおってから、また魚や肉を食べて再発して亡くなった方がたくさんいる。元の食事に戻してはいけない」

と教わったので、

病気治ってからなんでも食べるようになったということに対して拒否反応が。

その方は、白砂糖も悪いと思いたくないと。

「白砂糖は悪い、こっちは良い」

で判断したくなくなったの。

と解放されてお顔がいきいきとされていた。

私は「そうですよね!」

と返答しましたが、本当は「え。。。白砂糖、悪いものは、悪いやん」

と思ってました。

今ならその方の言った意味がわかる。

いろんな方のヒントとなる一言が今になってじわじわくる。

私はそのときは 意味がわからなくても、頭にこべりついて、

「いつか分かる日がくる気がする」という脳のゾーンに収納しておきます。

病気が治って、なんでも感謝して食べれるようになるってすばらしい。

精神面がすごく影響してると思う。

食べ物を、これはいい、悪いで判断することが、

意識の毒となって、体への症状に出すということを痛いほど体験した。

なにも意識してなく食べたときより体調や皮膚が荒れるようになった。

マクロビではそれを「排毒」と表現して、私も信じて疑わなかった。

なんでも「排毒」。

玄米菜食を40年していて、急に大量のウミが噴き出たの~~

これね、魚の毒が40年目でやっと出たの。

そんな会話の中で、「へえ!」と思って聞いてたから、

魚=毒としての頭はインプットするわけだたら、魚食べたら、

意識が毒素を出す。

自分の味覚を信じて、お口に入れたものがおいしいと感じれば幸せ。

脳がほっしているものと体がほっしているものは違うのもおもしろいのだけれど、、、

「体の声を聞いて食べる」のフレーズはよく聞きますし、私もよく口にしますが、


この言葉の意味のとらえ方10人いたら10人違う気がする。

悪い、いいで判断せず、

おいしいかおいしくないかで幸せに食べる方を選択する。

私の手は、本当に調子がよくなった。

山芋さわっても、玉ねぎの白いアクがふれても、さといもも大丈夫。

ネットで検索手荒れを検索したとき、

私とおなじ症状の写真がたくさん出てきた。

そして、主婦湿疹や、手荒れは「治らない」と書かれていた。

少し位治るという記事があってもいいのに、、、と思った。

けど治らない、、、と。

一時的に薬で閉じ込めるという情報に心がグラっときたりもした、、、。

姉も弟も10年以上手荒れしている。

とうとう私もかという感じだった。

母が、

「銀歯の詰め物の重金類が手先にでてるんじゃ、、、」

と言ってくれた。

すべての私が思い当たる療法を試した後だったので、

そうかも、、とおもったときも。でもセラミックに全部変えるってなっても

すごく金額かかる、、、、

母は全部セラミックに変えたのですが、、、笑

かりに銀歯が原因だとしても、私は銀歯の成分すら、便から排出したいし!

という気分に切り替えたりしつつ、、、、

ともかく、、、

私の手荒れは治った、、、


先週実験に、セブンイレブンの添加物が4個以下(自分の線引き。笑)のスナック菓子を

毎日2袋をお昼ごはんか夜ご飯に食べてみた。

4日ぐらい続けて、、、

あ。。。久しぶりなジャンキー生活。

スナック菓子めっちゃおいしい!!幸せ、、、とありがたくかみしめた結果。

お肌にも手にも出なかった。。。。

これを、自然食していた時期だったら、私はこう思いました。

「今は大丈夫やけど、体に蓄積されて、大病になる」という考えでした。笑

手荒れの時は、嗜好品は悪者で脳が認識してるので、

手作りのケーキだったら大丈夫って思って外で食べたりしたら、

もう手の皮がうすくなって、腫れて大変な思いをしました。

すぐに肌や手にでるという期間を3年経験しました。

それで今回の実験。

本当に脳の認識、精神ってすごい影響を与えてるんだと確信しました、、、、。

子宮委員長はるの子宮委員会→http://ameblo.jp/jj-haru/entry-11982059782.html

今回の実験は、子宮委員長はるちゃんの「きのこ山」の記事を読んで実行しました。

はるちゃんは、すごい解放をさけでいて、ヒントがたくさん、、、、

新しい考えには賛否もつくかと思いますが、いいとこどりしています。

にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへにほんブログ村
ブログのご訪問ありがとうございます。
Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top