• おすすめ

  • プロフィール

    いちわり

    Author:いちわり
    幼いころから田舎暮らしに憧れてました。お宿でお手伝いしながら田舎ぐらしを体験させてもらって、たくさんのことを学びながらの日常を日記にしていきます★

  • アクセスカウンター

  • フリーエリア

  • 楽天


2015/01/28(Wed)

心屋さんから 言霊のテクニック。

心屋さんの投稿をシェアします♪

私もよく使ってる。テクニック??ってやつでしょうか。笑

愚痴ゆうてからのプラスの言葉。

やぱり溜め込まない性格の私。

やっぱりゆうてまいます。愚痴。笑

人間だもの♪愚痴言わない世界にあこがれていた時期もあったけれど、

言ってもいいじゃないの。

自分が一番!次に相手!

でいいんじゃないの。

あ、毎日「ありがとう」「感謝します」
「ついてる」「おかげさまで」
「嬉しい」「楽しい」 っていう言葉も言ってます。

毎日!もう習慣になりました。

ほんとうにびっくりするようなことが、ミラクルいいことが起こります!

ほんで愚痴もいいます。笑

ほんで「ありがとう」「感謝します」
「ついてる」「おかげさまで」
「嬉しい」「楽しい」

も言います。笑




「言霊」という言葉があります。
言葉にはエネルギーがあって、
いい言葉にはいいエネルギーが、
悪い言葉には、人を病気にしてしまう
ぐらいの毒性もあると言われています。
自己啓発や、心の世界のことを学ぶとき、
当然のようにこの「言葉」に
気をつけるようになります。
「ありがとう」「感謝します」
「ついてる」「おかげさまで」
「嬉しい」「楽しい」
という言葉を心がけて使うようにですね。
とても響きのいい、素晴らしい言葉です。
そして、そういうことばを使うといいよ、
というのは、そういう言葉を使って
いいことがあった人たちです。
何事も、形から入るのは大切です。
たとえ心がこもっていなくても、
そうしていれば、そのうち心が
入ってくることがあります。
心理療法の一つに
「ミラクルクエスチョン」
というものがあります。
「ミラクル」つまり、
「もし奇跡が起こったとしたら」
という質問で、問題が解決した未来を
想像してもらいます。
そして、うまくいっていることを
想像した未来の自分の行動の中で、
今すぐにでもできることがあれば、
今やってみる。
すると、望む未来に近づく、
というものです。
たとえば、すべてがうまくいった
未来では、いつも「ありがとう」と
感謝している、と想像したとします。
すると、
今のうちから「ありがとう」と
いう癖をつけると、すべてが
うまくいった未来が来る可能性が
高まるということです。
また、NLP という心理学の手法でも
「モデリング」というものがあります。
これも、自分が尊敬している人や、
自分がなりたいと思っている人の言動を
真似たり、成りきって、その考え方や
信念までも取り入れたりすることで、
理想の状態に近づいていくという方法です。
たとえば、自分のあこがれている人の口癖が
「ありがとう」なら、同じように感謝してみる、
すると、その人に近づいていくというものです。
実際、そのようにしてうまくいく人が多いので、
本来は効果のある方法なのです。
そう、いい言葉を使うということは、
いい波動も出すし、いい状態を
作り出せるはずです。
でも、実は、やればやるほど
苦しくなってくる人がいます。
「ありがとう」と口にしてみても、
腹が立っているとか、納得できない、
とか、ひどい目に遭った時に
「感謝します」「ツイてる」とは思えない。
でも、きっといいことがある筈だからと、
いい言葉を使い続ける。
そして「私は問題ないのよ」と
平気なふりをする。
いい人のふりをしてしまう。
私は人の悪口や、
愚痴を言ったりしないのよ、と。
自分に嘘をついてしまう。
「大丈夫」と言っている人ほど
「大丈夫じゃない」のかもしれません。
そして、ますます苦しくなってくる。
そんな時は、思い切って、
愚痴や悪口を言ってみてください。
思い切り「体から、その黒いエネルギーを
排出する」デトックスです。
まずは「怒り」を放出してください。
それらの本音を放出して、
そして、改めていい言葉を
使ってみてください。
ただし、いつもそうやって、
愚痴や悪口、不平不満ばかり
言ってると、本当に神様が
味方してくれません。
出すのは「時々」ですよ。
黒いのを吐き出してください。
すると、不思議なことに、
そういう愚痴を言いたく
なくなってきます。
我慢して溜めこんでるから、
気分が悪くなったり、
顔色や表情にでてしまうんです。
心屋仁之助

にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへにほんブログ村
ブログのご訪問ありがとうございます。
Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top