• おすすめ

  • プロフィール

    いちわり

    Author:いちわり
    幼いころから田舎暮らしに憧れてました。お宿でお手伝いしながら田舎ぐらしを体験させてもらって、たくさんのことを学びながらの日常を日記にしていきます★

  • アクセスカウンター

  • フリーエリア

  • 楽天


2015/01/27(Tue)

免疫

18歳~20歳の2年間と、

販売のお仕事を辞めて、皮膚科のお仕事に行くまでの1年間(24歳から1年間)

合計3年間ホテルの配膳のアルバイトをしていて、

この3年がかなり大きな免疫をつけることになりました。

言葉の免疫。

風邪をひくたびに、免疫がアップしていくのと同じように、

言葉に対しても、同じことが言えるのかも。

ホテルの裏側って、言葉使いが悪いんです。

全部っていいたくないけど、派遣会社に所属していたので、いろんなホテルに行くんです。

ほぼ全部でした。

なので、最初びっくりするわけなんですが、、、徐々に慣れていきます。

同じ派遣会社のバイトの人も、経験が長くなると、言葉が乱暴になるような気がします。

先輩も、行くホテルも、すべてがそうなので、もう慣れるしかない、、、

「なにしとんねん!ぼけ!」

「はよしろよ!ころすぞ!」ころすぞという言葉は、ホテルのランクが高い所ほど多い気がする、、、、

チっていわれるし、メンチきられるし、

初めての体験にびっくりするわけなんですが、

家に帰ったら、爆笑してました。ほんまにおもしろくて。

そんな世界あるんやなって。

人間扱いされない、、、、というか。

仕事が慣れてきて、動けるようになると、

優しく接してくれる人に変身したりする人もいたり、、、ですが。

慣れるまでに辞めていく人が多いですね。

24歳から1年間は1つのホテルの専属で派遣バイトしてましたが、

ここがすごかった、、、

1日14時間働いたら、2万のバイト料が頂けるので、

13日ほど勤めたら20万ぐらいで、月の生活費が稼ぐことができるのですが、

もう精神が削られるは削られる、、、

しかし派遣なので、1か月の休暇とかがとれるわけです。

アメリカの友人の家に2週間遊びにいって、日本に帰ってきたらすっからかんだったのですが、

もう戻る気力がないのです、、、体力的にも、もう、、、戻りたくないと、、、

休暇後、スケジュール確認の電話がバンバンかかってくるのですが、このときは電話に出る勇気がなく、

手紙書いたんです。

「電話頂いたのに出れなくてすいません。派遣の登録やめます。」

と。それで電話がかかってこなくなって、ほっとしました。

結果、、、逃げ出したことになるのかな???


その場所を逃げ出したら、次の場所でも逃げ出すことになるよ、的な精神論の世界を知ってますが、

もう無理なものは無理なんです。

無理になったら、その場から逃げられる立場が派遣登録。罪悪感もなく、

入れ替わりがふつうの世界ですから、すんなり逃げれましたが、

次の皮膚科の場所では、2年ほど勤めて、クウネルに行くことを決めて、

人募集したら、私の4倍できる人がきたので、円満に引きつぎして辞めれました◎

なので、状況から逃げてもいいんやな~~と思いました。

その場所から逃げても同じことが起こるとい場合は、学ぶことがクリアになってないから起こるのであって、

私が、このホテル派遣からは、学びきったという解釈で、次おこらなかったのかなって。

ホテル派遣で学んだことは、言葉の免疫ですね。そのほかにもいろいろあると思いますが、、、

もともと弟は口が悪いし、私も悪かったのですが、、、さらにその上の世界を知ってしまって、、、

精神的に病みそうにもなりましたが、病みそうになったおかげで、精神鍛えられたな~~と。

私はここで学びきった!ということでの解釈で逃げてもOK。

のパターンとまだ学ぶことがあるから逃げれないパターンもあるのかもしれないけど、

最終的に決めるのは自分自身◎

自分がいいと許可だしたら、大丈夫なのではないでしょうか。

今振り返ると、ホテルの配膳の仕事はすごくすごく勉強になって、絶対必要なことだったなと思い、

楽しい記憶に全部が塗り替えられています。

めちゃ怖い人も、おもしろキャラに塗り替えられてます。

また機会があれば、やりたいな~~とも思います。(1週間とかの短期限定で★)

地方のホテルなどは、優しい人が多いこともありましたし、場所もあると思います。

大阪のホテルは怖かった。笑

その分強くなれた!

物事に対して、危険予測して逃げてもいいし、逃げなくてもいいし、どっちでも正解だと思うのですが◎

自分の決断することで、間違いなことは一切ないということです。

にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへにほんブログ村
ブログのご訪問ありがとうございます。
Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top