• おすすめ

  • プロフィール

    いちわり

    Author:いちわり
    幼いころから田舎暮らしに憧れてました。お宿でお手伝いしながら田舎ぐらしを体験させてもらって、たくさんのことを学びながらの日常を日記にしていきます★

  • アクセスカウンター

  • フリーエリア

  • 楽天


2015/01/18(Sun)

子宮頸がんワクチン

子宮頸がんワクチン、中高生の接種率がかなり高いことに衝撃をうけていると、

おまたちからの元ナースのあいかさんがおっしゃれていて、

このことを話すだけで、身の毛がよだつと。

日本に入ってくる前から副作用の被害届が多いのにもかかわらず、

かなり打たれてしまった子供たち。

民間の社会活動家たちも警戒をうならして、接種中止を呼びかけてきましたが、なかなか中止にならない。

そして、在庫のめどがたってから、

「推奨しない」を発表。

そして、そして、また頸がんワクチンが始まろうとしている。

子宮頸がんの危険性として、すぐに身体活動への副作用もかなりでていますが、

でていない人の、不妊の心配があります。

国はおきまりの、「因果関係はない」とするでしょう。

3.11で、政府のうそっぱちに目覚めた人は多いですが、

全体は見るとまだまだ少ない。

子宮頸がんだけでなく、赤ちゃんのワクチンスケジュールの厳しさといったらびっくり。

むかしはそんな厳しく言われなかったようで、

実は、私ノーワクチンでそだったんですっていう人けっこういます。

30年前から自分で調べて、ノーワクチンを選択したお母さんのお話には感動しました。

今のほうがかなりチェックされていて、ノーワクチンだと、ネグレクトの疑いかけられて、児相に通報されるケースも。

あるコミュニティーではワクチン打たないのが主流になっていても、

一般社会に入ると、ほとんどが打っています。

打つのがあたりまえ。

私の周りでノーワクチンが多いので、大阪に帰ると、現実にしょんぼりってなります。

ワクチンうってないと、幼稚園にも入れないそうですね。

びっくり。

両方知ったうえで、打っているはいいのです。

知ってるけど、やっぱり心配だから打つ、、、(調べていても、理解ができないのでしょう、、、、洗脳がきつすぎて)

国立感染症センターに勤めていた母里啓子医師の本などがとてもおすすめなのですが。。。。

打っていても、かかるのはみんなしょうがないと思っている。

打ってなくてかかったら、打ってないからかかったんだってなる。

自然にかかって免疫つけるってとんでもない!!

とか、、、、の意見を見ると、本当にびっくりします。

政府が、そんなことするわけない!

私もそう思っていました。

調べまくりました。

たくさんの情報をゲットしました。

ウソも本当もいろいろゲットしました。

そこから見えてくる世界がかなりおもしろい!!

2015年は、体質改善セミナーをばんばん行います。

私もワクチンうってます。

私のお母さんも、ワクチンがダメだったこと、勉強して納得しました。

打っていても大丈夫◎

たくさんの解毒方法があるから。

よく、子供がワクチンうったあと、高熱でることがありますが、

それも正しい反応。熱で戦ってるんですね。

汗からもたくさんの薬品を出して、解毒していきます。

その解毒がおいつかなくなってくると、ぜんそくやアトピーなどの子供の病気としてでますが、

それも解毒なんです。

鼻水も。

下痢も。

薬でとめてはいけません。

出し切りましょう。

などなど、マクロビや、自然派ママさんの世界での常識はまだまだマイノリティーなので、

こういったこと、話すのすきなので、

体質改善セミナーを

します◎

やさきびキャラでいきます💛

やさきびとは、

優しい、厳しいを合わせて言葉です。

やさきび。

この2つのバランスが大切💛




にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへにほんブログ村
ブログのご訪問ありがとうございます。
Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top